読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴかちょこにっき

ぴかちょこにっき 土曜朝6時更新!!

No.009 関ジェネにてわるやどさんが使用!今話題のブラッキーデッキ!わるやどさん本人の解説付き!!

かいせつ デッキレシピ

こんにちは!
ぴかちょこです!

今回の記事は日本選手権へと出場経験もあるわるやどさん(@waruyado)にご協力していただきまして

環境へと少しだけ名乗りを上げてきたブラッキーデッキの紹介をしていきたいと思います。

f:id:pikachoco:20170130002715j:plain

ブラッキーを使おうと思っている方は必見の記事にしていきたいのでぜひお楽しみください!

 


さて!!!!!


ブラッキーGXを使用したデッキは今回、いろんな型を持ったものが登場していました。

イベルタルゾロアークなどあくタイプを代表するポケモン

このブラッキーデッキには採用されているのが目立ちます。

他にはブースターシャワーズなどほかの進化ラインを採用して、

現在流行しているデッキ群に有利を取る工夫の見られる構築も存在していました。

そのような様々な種類の存在するブラッキーデッキの中で

わるやどさんからいただいた構築はこちらになります。

一応このレシピはベースとなるものであり、完成形ではありません。

環境や好みによってカードを入れ替えるのもちろんおすすめです。

ポケモン

名前枚数
イーブイ 4
ブラッキーGX 3
ブースター 1
シャワーズ 1
ゾロア 4
ゾロアーク 3
ゾロアークBREAK 2
ケンタロスGX 1
シェイミEX 2

サポート

名前枚数
プラターヌ博士 4
N 3
リーリエ 2
フラダリ 2

グッズ

名前枚数
バトルサーチャー 4
ハイパーボール 4
レベルボール 2
ちからのハチマキ 3
かるいし 2
すごいつりざお 1

スタジアム

名前枚数
リバースバレー 2

エネルギー

名前枚数
基本悪エネルギー 6
ダブル無色エネルギー 4

 

ここでわるやどさんよりいただいた構築のポイントをまとめていきたいと思います。

 

①レベルボールの2枚の採用理由

 

ケンタロスGXの採用理由と使い方

 

ゾロアークBREAKの2枚採用

 

④ちからのハチマキとリバースバレーなどのダメージを増やすカードの採用

 

今回箇条書きしたこの4項目をピックアップしていきます。


まず①から見ていきます。

レベルボールの2枚採用の理由です。

このカードでサーチ(手札に持ってくること)する主なカードは

イーブイゾロアです。

このイーブイゾロアはこのデッキの攻める手段として使用するカードなので

1ターンでも早くベンチへそろえておきたいカードです。

イーブイブラッキーGXへと、ゾロアゾロアークへと進化をつなげて勝ちに行くのが主な戦術なので

できるだけ早く手札に加えたりベンチへと置いてしまいましょう

そのためのサーチカードとして、ハイパーボールだけだと少ない可能性があるのでの採用です。


続いては②のケンタロスGXの採用理由と使い方です。

このカードはガマゲロゲEXやイベルタルなどの中打点相手の強力な壁となってくれることもあれば、

自分が後攻の場合は1ターン目の最速でたねポケモンをきぜつさせることもできる打点にもなってくれるカードです。

ブラッキーGXのわざ「ひるがえす」で出すことの多いカードで、ブラッキーGXが受けるダメージを吸収してくれるポケモンです

ブラッキーGXやゾロアークに比べて倒される頻度の高いポケモンであると思われますが、場に残ってほしい優先度は

主な攻め札である2匹のほうが大事なのでそれが正解だと思います。


ゾロアークBREAKの採用理由

このカードの強い部分から説明しますと

環境デッキに台頭しつつあるソルガレオGXに対して、イカサマが非常に強力なわざとなります。

エネルギーをつけくわえることも忘れてはいけない大事なことなのですが

ソルガレオGXの攻めわざであるメテオドライブ」を使用することによって、あくエネルギー1つで230点ものダメージを与えることができます

GXワザをイカサマで使用することだけが強いだけでなくHPの問題も大きく関係あります。

ゾロアークBREAKの体力は140です。進化前であるゾロアークの体力は100点となっています。

この40という数字が勝敗を左右する場面が多いです!


④ちからのハチマキ、リバースバレーのダメージを増やすカードの採用

ゾロアークのワザであるマインドジャック、ブラッキーGXのシャドーバレットでは

すこしだけ打点が足りない場面が存在すると思います。

そのすこしの場面を埋め合わせるための採用です。

スタジアムが多く存在している環境なのでリバースバレーも思わぬ活躍を見せることがあるかもしれません。

 


このデッキを使う上で入れたいカードを挙げるとするならのカードをわるやどさんが答えてくださいましたので

いまご自分がブラッキーデッキを使っている方は参考にしてみてください!

イベルタル(デスウイング)
イベルタルEX
ククイ博士
クセロシキ
・オカルトマニア
ポケモン大好きクラブ
・バトルコンプレッサー
・びっくりメガホン
・改造ハンマー
・パラレルシティ
・7枚目の悪エネルギー

ここではいろいろ説明していくとごちゃごちゃになっていけないので、

どのカードとどのカードを入れ替えるの?といったご質問がある方はコメントやTwitterにてお待ちしています!

 

・このデッキの理想の動き

ここでは理想的なスタートを書いていきます。

先行後攻は関係なく、イーブイゾロアを2体ずつ並べることができれば強いスタート

なのでそれを基準にするといいと思います。

エナジー進化を決めることができればさらに理想的な流れです。

ブラッキーへと上手く進化をして「ひるがえす」を使えるまでに育った後は先ほど書いた通りに

ケンタロスGXへと交代することができれば相手にとって嫌な動きになると思います。

 

今回の記事は、

サンムーン環境になって登場しつつあるブラッキーデッキを紹介していきました。

ご協力いただいたわるやどさんのご意見が8割ほど占めています(笑)

わるやどさんは世界選手権にも出場されているとても強い方なので

いろいろご意見頂けてとても有意義な記事にすることができたと思います。

良ければ参考にしてみてください!

body { font: 16px/1.8 "游ゴシック", "YuGothic", "Yu Gothic", 'ヒラギノ角ゴ ProN W3', "Hiragino Kaku Gothic ProN", "Meiryo", Helvetica, Arial, sans-serif; } h1.entry-title a { font: 18px/1.8 "游ゴシック", "YuGothic", "Yu Gothic", 'ヒラギノ角ゴ ProN W3', "Hiragino Kaku Gothic ProN", "Meiryo", Helvetica, Arial, sans-serif; color: #00addd; font-weight: bold; }