読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴかちょこにっき

ぴかちょこにっき 土曜朝6時更新!!

No.006 はじめかたがわからないと感じたあなたへの解説記事 #5 ~グッズカード編~

かいせつ

こんにちは、ぴかちょこです。

今回の記事もグッズについて書いていこうと思います。

記事の序盤も序盤で書いたサポートも大事ですが、もちろんグッズも重要な役割をもっているので覚えるようにしましょう。

  

さて!!!!!

 


まず、ポケモンカードのグッズには2種類あります。


一つ目がシンプルなグッズになります。

前回の記事で書いたサーチャーやハイパーボールが例になります。

手札から使用し、トラッシュに送られるという形のものです。

グッズと聞けばこちらを思い浮かべて問題ないと思います。

そこで

今回の記事で主に触れていこうと思っているのが、

この2つ目のポケモンのどうぐと呼ばれるものです。

このカードたちは場のポケモンにつけることができて1体のポケモンにつき1枚しかつけることができないのですが何かトラッシュされるカードを使われることがない限り付けたポケモンがきぜつするまで同じように場にとどまることになります。

便利なカードや相手の動きを抑制するようなものまで存在するので、この機会に覚えていきましょう!

 


闘魂のまわし

f:id:pikachoco:20161223041128j:plain

このカードをつけているたねポケモンの最大HPは40大きくなり、そのポケモンが使うわざのダメージは+10されます。

たねポケモンにしかつけられないので進化を多用するデッキには採用しにくいというのが唯一のデメリットとおもわれるくらいには、優秀なカードだと思います。

ポケモンの体力を増やせる上にダメージも微力ながらあげることが可能なので単純にこのカードをつけたポケモン

相手からきぜつさせられにくくなる

のと

相手をきぜつさせやすくなる

ということを1枚で仕事してくれます。

EXポケモンやGXポケモンと呼ばれる、きぜつすると2枚のサイドが取られるカードがあります。

EXやGXのポケモンはもともとのHPが少し高めになっています。

2枚取られるので、たおされたくないのが本音ですよね。そこでよくこのカードが使われます。

このカードの採用枚数は個人的な感覚によるところが大きいので、一概に何枚とは言えないのですが、2枚や3枚の採用が多くみられます。

このカードに限らず、ポケモンのどうぐは1体につき1枚しかつけることができないのであまり多くデッキに入れてしまうとつけられるポケモンが場にいなくなって、使いにくいことや使えないといったことが起きかねないので採用する枚数は考えていきましょう。

すこし話がそれましたが、購入枚数につきましては2~3枚が無難だと思います。

 

 

 

ちからのはちまき

f:id:pikachoco:20161223041133j:plain


このカードをつけているポケモンが使うわざのダメージは+20になります。

シンプルな効果になっているので、わかりやすいカードだと思います。

しかし始めた当初はこの20点って関係するのかなと思うことがあります。

事実、私はこのカードの重要性になかなか気づくことができませんでした。

ただこのゲームを続けていくにつれて、次第に必要性に気づいていきました。

かゆいところに手が届くという表現がわかりやすいとおもいます。

微妙に足りないけれどこのカードのおかげできぜつさせられることができた。

などといったことがポケモンカードをしていると起こると思います。

このカードは先ほどの闘魂のまわしと違い進化ポケモンであっても付けることが可能なのでデッキを選ぶことがなく採用できるという強みがあります。

あと少しできぜつさせることができたのに、というときはこのカードの採用を

考えていきましょう。

 

採用枚数ですがこれも個人差や流行にあわせて変わってきますので

調整を重ね、模索していきましょう。

 

かるいし

f:id:pikachoco:20161223041140j:plain

このカードをつけているポケモンのにげるために必要なエネルギーは、すべてなくなる効果を持ちます。

にげるために必要なエネルギーの管理は始めたばかりの頃はすこし慣れないかもしれません。

そこで活躍するのがこのカードだと思います。

ですが必ずしも初心者での間のみ活躍するわけではありません。

どうしても逃げるためのエネルギーが多いデッキであったりした場合にも採用されています。

 このカードは直接的につけているポケモンへ作用を起こすカードではないので

一見地味なカードに見えるかもしれませんが強力なカードです。

フラダリで強制的に呼ばれて逃げられなくなった場合のケアであったり

きぜつさせられたくないポケモンの一時的な逃げる選択であったり

使い道がたくさんあります。

ポケモンのどうぐの致命的な弱点である、複数枚入れすぎると動きがわるくなる

という点を考慮しながら枚数を模索していきましょう。

 

 

ソウルリンクセット

f:id:pikachoco:20161223041145j:plain

このカードをつけているとメガ進化をおこなっても自分の番が終わらなくなるポケモン

のどうぐです。

メガ進化を行うデッキの使用を考えている方は必要なカードです。

どのポケモンであってもメガ進化できるわけではありませんが

ご自身の使われるデッキによれば、活躍すると思います。

メガ進化をする場合、何もせずに進化をしていると自分の番が終わるというルールが存在します。

そこでこのカードを使うとそれがなくなり終了することなく進めることができます。

絶対につけないといけないカードではありませんが、

自分の番に何もせずに終わるということは少し大げさに言えばゲームの勝敗にもかかわってきます。

進化をして終了ということは、そのターンにわざをうてないということになります。

これは意外と大事なことで単純にそのターンは相手にダメージをあたえることができないので、一つのテンポロスが起こるということです。

簡単に言えば、ダメージを与えることのキャッチボールであるこのゲームにおいて

一回ダメージを与え逃すと、そのまま押し切られてしまう恐れがあります。

しかし、メガ進化をおこなえば強力なポケモンがだせるので1ターンくらいのダメージは関係ないと考えることもできます。

こういった少しのプレイヤー間の考えの相違が非常に大事だと思いますし、

何も間違ったことはないと思いますのでご自身のぴったりの枚数を見つけてください。

 

 

今回はポケモンのどうぐについて書いていきました。

これらのカードはうまく機能すれば非常に強力な仕事をしてくれるカードです。

どれも枚数について詳しく書くことができなかったので申し訳ないのですが

ポケモンカードを楽しんでいけばぴったり合った枚数を見つけることができると

思います。

それぞれの特徴がありますのでプレイスタイル、小さなプレイの癖など

見極めて強いデッキを完成させていきましょう!

 

次回の更新ですが、すこし大事な発表をしたいので

土曜日の更新ではなく、前倒しておこないます。

発表については楽しみにしていただきたいと思います!

ではまた次の更新でお会いしましょう!

                         ぴかちょこ

body { font: 16px/1.8 "游ゴシック", "YuGothic", "Yu Gothic", 'ヒラギノ角ゴ ProN W3', "Hiragino Kaku Gothic ProN", "Meiryo", Helvetica, Arial, sans-serif; } h1.entry-title a { font: 18px/1.8 "游ゴシック", "YuGothic", "Yu Gothic", 'ヒラギノ角ゴ ProN W3', "Hiragino Kaku Gothic ProN", "Meiryo", Helvetica, Arial, sans-serif; color: #00addd; font-weight: bold; }